スピリチュアルやヒーリングの視点から見る、先天的な病気とその向き合い方【概要編】 |

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

こんにちはー、ヒーラーの大澤です。

前回、前々回と「生まれてくる我が子には障碍があります」という事をお話しましたね。(参照:父として、またヒーラーとして18トリソミーの我が子を全力でサポートする所存。【前編】はコチラ【後編】はコチラ)

そこで今回は、スピリチュアルな視点から見た先天的な障碍についてご紹介していこうと思います。

実はスピリチュアルでは、この先天性疾患を「病気」「障碍」や【無くて良いもの、忌み嫌うもの】というような、つまりネガティブなものとして扱われていません。

じゃあどういう見方をしているのか?

それは「目がパッチリしている」「髪の毛が天然パーマ」というような物と一緒で、先天性疾患もその人の【個性】として謳われているんです。

あなたには「もう少し足が長ければ」「生まれつき二重だったらなぁ」というような、全然障碍とか病気ではないけど、凄くコンプレックスな身体の部分ってありませんか?それと一緒です。

本人や周りからしてみたら避けたいものかもしれない。それによって生き辛さを感じてしまう部分もあるかもしれない。でも決して不幸なことでも、忌み嫌うようなものでもないんですね。差別されるなんてのはもってのほかですね。

「良い」とか「悪い」とかってのは人間が自身の価値観で勝手に決めた基準です。僕も【鼻が高い】とか【肩幅がしっかりしてる】って周りから凄く良い風に言ってもらえます。今でこそ素直に喜べますが、昔コレが物凄くコンプレックスだったんですよね。

だから【良い】とか【悪い】って決めてるのは最終的にはその人自身ですし、本来良いも悪いもないんですよね。

そういう個性を持っている中で、現実的にどう接していくか、どう生きていきたいかが大事なんですね。そして、スピリチュアルでは「そういう子を授かる」「自身がそういう個性を持ってる」「親族や近しい人にそういう方がいる」という事は偶然じゃなくちゃんと意味があるって考えます。

この生まれ付き持っているの(先天的な疾患・性別・容姿・骨格)や、自分の努力では変えられない部分(親・時代・生まれた場所)の事をスピリチュアルでは【宿命】と言います。逆に自分の努力で変えられる物を【運命】と言います。(参照:子どもは自分の意志で、親を、そして環境を選んで生まれてくる。)

あなたは障碍を持っている中で、もしくは障碍を持った方と接していく中で何を学ぶのでしょうね?

それではまた明日(^^)/

ブログ更新や不定期で開催されるイベント情報を配信しています♪
下の『友だち追加』を押して845&SPIRITのLINEをご登録いただくと【ブログ更新のお知らせ】や【不定期で開催されるイベント情報】をお受け取りいただけます。また、ご予約フォームからの方が便利ですが、お問い合わせやご予約はこちらからも可能です。(ご登録者様のタイムラインはコチラから見ることは出来ませんのでご安心ください)

LINE@
★uex9638w(★を@にして下さい)

友だち追加 まずはお気軽にご相談ください(^^)/  

845&SPIRIT
住所:〒113-0023  東京都文京区向丘1-7-15  JLBグランエクリュ白山3F
代表:大澤裕亮/オオサワユウスケ
電話:050-3550-8845
メール:info@845andspirit.com
URL:https://www.845andspirit.com
ご予約&お問い合わせフォームはコチラ  

セッション
★対面ヒーリング:5,000円/50分
★遠隔ヒーリング:5,000円/50分
オプション
☆物質浄化(パワーストーンなど):2,000円/30分
☆空間浄化(お部屋など):2,000円/30分
☆ご延長:1,000円/30分  

対面ヒーリングで使用するレンタルサロン
※大変恐縮ですが、サロン・お部屋のご指定は承っておりませんのでご注意下さい。
★白山(東京)~salon de Sophia~
★新宿~Salon de SOLOLA~

※対面ヒーリングで使用する各レンタルサロンには常時管理スタッフがおりますが、もし、おひとりでお越しいただく事がご不安な場合は事前にご相談ください。ご家族様やご友人様と一緒にご入室頂けるように手配致します。

※遠隔ヒーリングでの通話料がご心配な方はご相談ください。セッション専用の無料通話アプリ(LINE・Skype)もご用意しております。

スポンサーリンク
スピリチュアルやヒーリングの視点から見る、先天的な病気とその向き合い方【概要編】
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket


投稿ナビゲーション


コメントを残す

;
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。