安楽死と尊厳死は別物です。両者をスピリチュアルな視点から読み解きます。【概要編】 |

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

こんにちはー、ヒーラーの大澤です。

ここ数日はちょっと重めの内容になっておりますが、大丈夫でしょうか?もうしばらくお付き合いいただけたら幸いです。

前回は【スピリチュアルでは臓器移植は否定的。ただ、それはセオリー。最終的には各人の正義に基づいた決断を】というお話をしましたね。(参照:スピリチュアルやヒーリングの視点から見る、先天的な病気とその向き合い方【対処編】)

今回は安楽死と尊厳死についてお話していきたいと思います。

「え?尊厳死って何?」もしくは「尊厳死って安楽死の事でしょ?」という方がいるかもしれませんが、このふたつ、全くの別物です。

とはいえ、正直これについては線引きが難しい部分があり、専門的な話になるとケースによって呼び方が細分化されていくので、今日の一般的なお話を出来るだけ簡単にしていこうと思います。

まず安楽死というのは、末期で直る見込みがない患者さんが「痛みやツラさを感じずに死を迎えたい」と希望した時に、お医者さんがお薬などで最期を迎えさせてあげること。

一方、尊厳死というのは、延命措置をするかしないかという状況になった際に「人工呼吸器や点滴をせずに自然な形で死を迎えさせる」といったことを言います。(もちろん、どちらを選ぶかは、元気な頃の患者さんの意志を尊重します)

では、この安楽死と尊厳死、スピリチュアル的にはどう見ているかというと、【安楽死⇒否定的】であり【尊厳死に関しては『問題はない』】という感じです。

「ん?『問題はない』って何よ?」となるかもしれませんね。簡単にいうと【必ずしも延命措置をしなくてはいけないって事ではないですよ】ってことです。(…簡単になってないかも笑)

はい、ではちょっと短めですけど、キリが悪くなるので今日はここらへんで終わりにしておきたいと思います。次回は「何でそういう結論になってるのか」をお話していこうと思ます。(あ、でも感の鋭い方であれば、きっともう分かってますよね?笑)

ではまた明日(^^)/

ブログ更新や不定期で開催されるイベント情報を配信しています♪
下の『友だち追加』を押して845&SPIRITのLINEをご登録いただくと【ブログ更新のお知らせ】や【不定期で開催されるイベント情報】をお受け取りいただけます。また、ご予約フォームからの方が便利ですが、お問い合わせやご予約はこちらからも可能です。(ご登録者様のタイムラインはコチラから見ることは出来ませんのでご安心ください)

LINE@
★uex9638w(★を@にして下さい)

友だち追加 まずはお気軽にご相談ください(^^)/  

845&SPIRIT
住所:〒113-0023  東京都文京区向丘1-7-15  JLBグランエクリュ白山3F
代表:大澤裕亮/オオサワユウスケ
電話:050-3550-8845
メール:info@845andspirit.com
URL:https://www.845andspirit.com
ご予約&お問い合わせフォームはコチラ  

セッション
★対面ヒーリング:5,000円/50分
★遠隔ヒーリング:5,000円/50分
オプション
☆物質浄化(パワーストーンなど):2,000円/30分
☆空間浄化(お部屋など):2,000円/30分
☆ご延長:1,000円/30分  

対面ヒーリングで使用するレンタルサロン
※大変恐縮ですが、サロン・お部屋のご指定は承っておりませんのでご注意下さい。
★白山(東京)~salon de Sophia~
★新宿~Salon de SOLOLA~

※対面ヒーリングで使用する各レンタルサロンには常時管理スタッフがおりますが、もし、おひとりでお越しいただく事がご不安な場合は事前にご相談ください。ご家族様やご友人様と一緒にご入室頂けるように手配致します。

※遠隔ヒーリングでの通話料がご心配な方はご相談ください。セッション専用の無料通話アプリ(LINE・Skype)もご用意しております。

スポンサーリンク
安楽死と尊厳死は別物です。両者をスピリチュアルな視点から読み解きます。【概要編】
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket


投稿ナビゲーション


コメントを残す

;
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。